電通を退職してそろそろ4年が経とうとしています。
 農業を始めて3年半が過ぎました。住む土地が変わり、生活が変わり、環境が変わり、共に働く人が変わり、共にお酒を酌み交わすメンバーも変わりました。
 電通に入社して間もないころ、高橋英樹さんと初めてお仕事をさせていただきました。1995年の初夏、私の在籍するチームとの仕事が始まり、私は入社3年目、CMを制作するチームでは当然最年少の未熟な営業社員です。撮影現場では、そんな若輩者の私に対しても、同じ視線で私に声をかけていただきました。時代劇やドラマ等、テレビでしか拝見したことがない英樹さんと、直接お会いし、お話しすることに緊張したことを思い出します。
 そのチームでの私の仕事は、営業を離れる2010年10月まで継続しました。様々な厳しい状況はあったもののチームの現場は、緊張の中にもいい雰囲気での仕事に終始しました。クライアントと制作スタッフと営業、その中心に分け隔てなくお話をされる英樹さんがいらっしゃいました。
 私が営業を離れるとき、約8年間お仕事をさせていただいたお礼の挨拶を電話でさせていただくと、「東京に来る機会はない?東京まで来てください」高橋英樹夫妻と事務所のスタッフの皆様で、品川にあるホテルで送別会をしていただきました。まだ10年目の役職も付いていないヒラ社員の私には、本当にもったいない送別会、でも「代理店マン、冥利に尽きる」送別会となりました。

 それから7年後、故郷に戻る決心をし、電通を退職しました。沖永良部島に戻り、ジャガイモ栽培をはじめました。営業当時、一緒に仕事をさせていただいた方が、私のジャガイモのことを英樹さんにお話しいただき、メールを頂きました。今年も高橋英樹さんのお客さまに伊村農園のジャガイモを送らせていただいています。
 そして今年5月、英樹さんからご紹介いただいた銀座のお店で沖永良部島産・伊村農園のジャガイモを5月のメニューの一つとして料理していただきました。
 銀座の「京料理 壬生」。申し訳ないのですが、今回ご紹介いただくまで知らなかったお店ですが、調べてみると料理人石田廣義氏は『ただ純粋に、料理を愛し、食材との真剣勝負をしてきた・・・』。日本を代表する料理人の一人です。英樹さんの奥様から送られてきた写真には、洗練され、美しく調理されたジャガイモが写っています。
 沖永良部島に生まれたジャガイモも、銀座に出てさぞかし驚き、喜びもひとしおだったことでしょう。


※天豆(空豆)、かんぴょう、白ずいき、そして麺かと思うじゃが芋です。☆

 壬生の女将、石田登美子さんとは、お電話で何度かお話しさせていただきました。もし私の歩いてきた道がちょっとでも脇道にそれていたら、繋がらなかった電話です。

 あれから19年、そこには仕事とか、それぞれの立場とか、肩書とかいろいろなものがあったのですが、こうしてつながったのは、きっと人と人のつながりだったような気がします。この温かなつながりを続けていただいた英樹さん、輝さん、スタッフの皆様に感謝し、これからもこのつながりを大切にしていきたいと思います。

 そして、その関係をつなぐ美味しいジャガイモ作りを頑張りたいと思います。 

 ありがとうございます。 伊村農園 伊村達児

2 Responses to “つながった電話”

  1. 今日わ☆
     つながった電話!
     私たちも伊村君を通して懐かしい記憶が
    よみがえって来ます。

    素直に貴方の今の気持ちが伝わる文章です。

    幸せなじゃが芋ちゃんたちですね。

    そして、幸せにつながる私たちみんなです。

     来年も一個一個が、素敵なじゃが芋道を過ごせますように!!

  2. 輝さま こんにちは、コメント有難うございます。伊村農園にとっても今年は幸せな年になりそうです。明日沖永良部に戻ります。来年に向けて畑の準備に力が入ります。お塩の件もまた、ご連絡します。有難うございます。

Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

© 2017 伊村農園 Suffusion theme by Sayontan Sinha