今年の収穫がいよいよ始まった。
 昨年は雨が続き、収穫は苦労の連続であった。
 本来ならば、4月中に収穫を終了する予定が、1ヶ月を超えて6月も半ばを超えた。そして6月18日の夜、私は心不全で、倒れた。夜中に緊急ヘリで沖縄に輸送され、緊急手術。翌日の夕方、目が覚めると集中治療室で酸素マスクをして寝ていた。兄弟が東京から沖縄に駆け付けていた。約3週間の入院の後、ひとまず、沖永良部島に戻った。それから1ヶ月半後、再び手術台に上った。カテーテルによる治療のために。完治することを切に願って。ただし、運命は冷酷だった。心不全の症状は完治したが、手術による後遺症で脈拍が40~50の徐脈。階段を上るのもままならない。このままでは農業もできない。9月上旬、再び手術を行った。ペースメーカーを埋め込む。
 今年のジャガイモ栽培がどうなるかわからない不安と恐怖があった。
今、以前ほど体は動かないが、いよいよ収穫できるという喜びがある。今年は例年になく豊作のようである。天からのご褒美であろう。
収穫初日、お祓いをしていただいた。伊村農園で働く皆さんの健康と安全を切に願い、無事収穫を終えることができるように。

今日の新聞に掲載された歌詞。

「世紀の嵐吹きすさみ

故山の草木形変え

千歳の伝統うつろいて

古(ふり)ぬる跡も今はなし」

1949年に書かれた沖縄県立那覇高校の校歌。
歌詞は、5番まであり、那覇高校の校名が歌詞に登場するのは、4番。
2番、3番では戦争が終わり、荒野と廃墟の中で、若者たちがたくましく、復興へ向かう思いが描かれている。

 言葉は、時に、人の中で、魂を持ち生き続ける。

この歌詞を書いた初代校長の思いは、半世紀以上の時を超えて今もなお、
若者の心に新しい魂を育み続けている。

6月23日は、沖縄県では、昭和20年の沖縄戦終戦の日。戦争で命を落とした多くの県民を慰霊する日である。

 電通を退職してそろそろ4年が経とうとしています。
 農業を始めて3年半が過ぎました。住む土地が変わり、生活が変わり、環境が変わり、共に働く人が変わり、共にお酒を酌み交わすメンバーも変わりました。
 電通に入社して間もないころ、高橋英樹さんと初めてお仕事をさせていただきました。1995年の初夏、私の在籍するチームとの仕事が始まり、私は入社3年目、CMを制作するチームでは当然最年少の未熟な営業社員です。撮影現場では、そんな若輩者の私に対しても、同じ視線で私に声をかけていただきました。時代劇やドラマ等、テレビでしか拝見したことがない英樹さんと、直接お会いし、お話しすることに緊張したことを思い出します。
 そのチームでの私の仕事は、営業を離れる2010年10月まで継続しました。様々な厳しい状況はあったもののチームの現場は、緊張の中にもいい雰囲気での仕事に終始しました。クライアントと制作スタッフと営業、その中心に分け隔てなくお話をされる英樹さんがいらっしゃいました。
 私が営業を離れるとき、約8年間お仕事をさせていただいたお礼の挨拶を電話でさせていただくと、「東京に来る機会はない?東京まで来てください」高橋英樹夫妻と事務所のスタッフの皆様で、品川にあるホテルで送別会をしていただきました。まだ10年目の役職も付いていないヒラ社員の私には、本当にもったいない送別会、でも「代理店マン、冥利に尽きる」送別会となりました。

 それから7年後、故郷に戻る決心をし、電通を退職しました。沖永良部島に戻り、ジャガイモ栽培をはじめました。営業当時、一緒に仕事をさせていただいた方が、私のジャガイモのことを英樹さんにお話しいただき、メールを頂きました。今年も高橋英樹さんのお客さまに伊村農園のジャガイモを送らせていただいています。
 そして今年5月、英樹さんからご紹介いただいた銀座のお店で沖永良部島産・伊村農園のジャガイモを5月のメニューの一つとして料理していただきました。
 銀座の「京料理 壬生」。申し訳ないのですが、今回ご紹介いただくまで知らなかったお店ですが、調べてみると料理人石田廣義氏は『ただ純粋に、料理を愛し、食材との真剣勝負をしてきた・・・』。日本を代表する料理人の一人です。英樹さんの奥様から送られてきた写真には、洗練され、美しく調理されたジャガイモが写っています。
 沖永良部島に生まれたジャガイモも、銀座に出てさぞかし驚き、喜びもひとしおだったことでしょう。


※天豆(空豆)、かんぴょう、白ずいき、そして麺かと思うじゃが芋です。☆

 壬生の女将、石田登美子さんとは、お電話で何度かお話しさせていただきました。もし私の歩いてきた道がちょっとでも脇道にそれていたら、繋がらなかった電話です。

 あれから19年、そこには仕事とか、それぞれの立場とか、肩書とかいろいろなものがあったのですが、こうしてつながったのは、きっと人と人のつながりだったような気がします。この温かなつながりを続けていただいた英樹さん、輝さん、スタッフの皆様に感謝し、これからもこのつながりを大切にしていきたいと思います。

 そして、その関係をつなぐ美味しいジャガイモ作りを頑張りたいと思います。 

 ありがとうございます。 伊村農園 伊村達児

 先月、久しぶりに東京を訪れた。
沖永良部島を出発したのは午後5時、羽田空港には8時半頃、途中の駅近くで東京のラーメンを食べた。広告代理店で働いていた時によく通った道だ。懐かしい。
 ホテルにチェックインして、遅い時間だったが、ホテルのバーで一杯飲むことにした。
客は一組だけ、こじんまりしたバーだった。入ると、そろそろ閉店です、一杯だけならば、ということで入れてもらった。島に戻り、ほとんどが黒糖焼酎、久しぶりに洋酒を頂くことにした。マッカラン12年、農家としては、だいぶ背伸びをした。閉店時間を過ぎると、客は僕だけになった。カウンター越しに、バーのマスターとの会話を楽しみ、お願いしてもう一杯頂き、リラックスした小一時間を過ごした。  
 次の日の夜、一次会も終わり、一人新橋駅の近くのバー行った。残念ながらバーは閉店していた。そういえば、もう4,5年ぶりになるだろうか?落ち着いた雰囲気で、酒好きにはたまらないバーだったのに、残念だ。仕方なく、ホテルに戻り、また一杯だけのつもりでバーに行った。バーのカウンターには、昨日のマスターは不在で、若い方が、切り盛りしていた。きっと今日はお休みの日だろうと思いながら、昨日と同じ、マッカランのロックを注文した。すると、カウンターの後ろから、「伊村様」と声をかけられた。しかしながら、見覚えがない。「今日もお越しいただきまして有難うございます。ジャガイモ農家の伊村様ですね、昨日のバーの担当のA氏は、今日はお休みです。もし、伊村様が来られたら、不在で申し訳ない旨をお伝えください、昨日は、いろいろお話を聞かせていただいて楽しかったです。有難うございます、とのことです」。挨拶されたその方は、フロアーのマネージャーの方でした。何かホッとした気分になった。その気遣いに感動を覚えた。また、東京に来たときは、このバーで、マッカランのロックを一杯飲もう。

大変ご無沙汰してしまいました。
約5カ月もたってしまいました。失礼しました。
この5カ月を振り返ってみると、10月は畑の準備に明け暮れ、11月中旬からジャガイモの植付をスタートさせたのですが、11月下旬からまるで梅雨時期のように雨が降り、翌年の1月中旬まで降り続けました。雨の合間をぬって、2.3haの植付を12月11日に終了、培土作業、ネット張りが終了したのは2/1でした。これでも昨年より早いのは、今年は、支柱立て機械、培土機械、トラクターに付けて肥やしを播く機械、サンソワーを購入、機械化を進めたおかげでした。
また、大学院では、修士論文を仕上げる為、農家への調査(24戸)、インターネット調査(41名)を行い、何とか2/8に修士論文を提出しました。ご協力いただい皆さま、本当に有難うございます。研究をもう少し進めて、皆さまには追ってご報告したいと思います。
更にいろいろ悩んだ末、博士課程後期に進学することを決め、鹿児島大学連合大学院を2/14に受験、無事4月から進学することとなりました。当初は、4月から農業に専念して行こうと思っていたのですが、多くの方の助言をいただき、もうしばらく、勉強との両立を図っていきたいと考えました。ここ2年間で思うことは、農業に対して姿勢に対して、やはり大学院で聞いたこと、体験したこと、出会った皆様の意見が大きな影響を与えていることは確かです。きっと農業のことを考えても決して回り道ではないと感じたからです。
宜しくお願いします。

さて、本業の農業に関してですが、植付は11/21~12/11までに行いましたので、約2か月半~3か月経ちました。11月末から12月上旬に降った大雨で、水はけの悪い畑は、一部種芋が腐ってしまい、芽が出なかった畑もあり、8割くらいが順調に成長している状況です。

11月21日植付 ホッカイコガネ 面積3.8反 

11月21日植付 ニシユタカ 面積1.1反

11月21日植付 メークイン 面積2.5反

11月25日植付 メークイン 面積0.9反

11月25日植付 デジマ 面積2.3反 水はけが悪く、11月末の雨で畑の3割くらいの種芋の芽が出ませんでした。

12/8植付 ニシユタカ 面積1反 雨の心配し、植付と同時に培土、但しその分、草茫々です。これから管理機をかけて除草をします。

12月10日植付 デジマ 面積6.0反

12月9日植付 デジマ 面積1.1反

12月9日植付 デジマ 面積1.4反

12月11日植付 ゴールド 面積3.0反

© 2017 伊村農園 Suffusion theme by Sayontan Sinha